2019年12月05日

プチ災難続き

先日の車庫のトタン屋根は応急処置とも呼べないくらいな処置で、抜けた釘と折れた釘をワイヤーでグルグルにしただけですが、何とか暴風の一夜に耐えたので、土曜まで持ってくれれば何とかなりそう。

風は弱まって来たけど、代わりに積雪が増えてきたので屋根の状況次第では作業出来ないので、何とか来週まで持ちこたえて欲しい。

トタンが煽られ続けたせいで、屋根の中央付近まで釘が抜けかけしてるので、突風が来たら一気に飛んでいくと思う。
飛んだら100%歩行者か車に直撃する位置なので気になってしょうがない。


で、そんな中、更なる追い打ちで、新しく取り付けた地デジのアンテナの一部が強風で飛ばされたようで、ケーブルが外れてテレビが映らない状態に。

11月に取り付けた時も風は強かったが、ビビリながらも屋根に登って作業はできたが、流石にこの強風だと危な過ぎるので、簡易的な室内アンテナ状態を作ってギリギリ映るようにはできた。

これも天候が良くなったら修理しなきゃならん。

ていうか、毎度自分の場合は結構良い高いアンテナを立ててるけど、強風とは言えこんな壊れ方は初めてなくらい不思議でならない。

屋根の上なのでまだ現物を確認できてないけど、もしかしたらヒビとか入ってたのか、ボルトの締め忘れかも知れん。


いずれにしても、寒くなった途端になんか面倒な事が続くなぁ・・・



posted by がーご at 20:29 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

更なる悲劇か

午前中にNTTの工事があったので新居に行ったところ、何やらバタバタと気になる音。
今日は風が強かったので今度はナニヨと思い2Fの窓から眺めてみると、2階建て車庫の屋根が今にも剥がれて飛ばされそうな状態に。

ちょうど吹雪の真っ只中だったけど飛ばされたら2次被害とかシャレにならんので、急いでハシゴをかけて登ってみた。

屋根のちょうど真ん中辺りの軒の板が腐ってて割れて落ちてて、その影響で屋根のトタンが2面剥がれてる。
風が横から当たる事で、トタンが下から煽られてて中腹くらいまでクギが抜けかけてる状態。

このまま風に煽られてたら間違いなくベリンって剥がれて飛んでいくのが見えてる。
特に明日は暴風らしいから、とりあえず応急処置したけど、何しろ風が強く冷たいので、おなじみの指の痛さと突風に気をつけながらの高所作業で何一つ思うようにできず、今晩だけ様子を見る事にした。

明日トタンの上からでも何でもいいから板でも打ち付けておこうと思う。
風次第だが・・・

2階建ての屋根のヘリという事は3階建の床下並みの高さな訳で、若干の高所恐怖症な自分には結構な重作業。

で、とにかく指が取れるくらいに痛いし、防寒用の手袋だと作業ができないしで、踏んだり蹴ったりなわけだ。


築46年
中古物件をナメてた
posted by がーご at 20:34 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

間が空きまして

この一週間、というか先週からリフォーム作業はサボり気味です。
本業の出張も多かったので逆に一時中断な感じ。

一階部分は生活には問題にならない細かい箇所は、材料こそ支度しているもののまだ手つかずですが、当の本人たちも気にすること無く生活しているので、リフォームの情熱スイッチは一旦オフな状態。

2階も自分らの居住スペースなので早く終わらせたかったけど、まさかの冬に突入しちゃったせいで、今更急ぐ必要も無いわけで、それなら春までかけても同じだよねってくらい情熱スイッチが切れかけたのです。

気温が低いと発動する手指の激痛と、午後4時には日が落ちて照明のない2階は暗くて釘すら見えにくくなるので、正味6時間くらいしか作業時間が無いのもモチベーション低下の原因。

夏場は夜遅くまで休憩ほぼ皆無のビッチリ作業出来てたのに、こうも違うとか。


それでも少しづつ2階の作業や片付けを進めて作業場も出来たことで、モチベーションが徐々に復活気味。

この数日で、リビングと寝室の壁を剥がして、天井も落として、電気の配線をほぼ完了。

この後、間取りの変更で新しい壁作って、部屋の間口作って、断熱やって壁貼って天井貼って床貼ればトイレとキッチンが設置できる。

そうしたら全部にクロス貼って完成だ。


ん〜・・・
MAXテンションなら年内で十分終わるだろうが・・・

まぁ、無理だろうな


雪かきも今までの3倍必要になるし、更に寒くなるし、当然作業時間ももっと短くなるだろうから、今の目標としては年明けて1月から2月中に終わればヨシとしとこう。




posted by がーご at 20:54 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

2階に手を付けれず

まだ11月半ばだというのに、すっかり真冬到来な雰囲気になってしまいました。
相変わらずリフォーム作業は中断してる状態です。

今週は仕事の出張作業も続いたのに加えて、気温が下がると手が凍傷みたいに痛くなる持病も発動しちゃって、作業が全く進まなくなりました。

そんな中、昨日2階に上がったら異様に寒くて、見たら窓の障子が風に揺れてるので、窓閉め忘れたかな?と思ってよく見たら窓サッシが1枚無くて、慌てて家の周囲を探したら風で飛ばされて粉々になってました。

すぐにガラス屋に走って入れ直しましたが、無駄な出費がまた増えました。
にしても、なぜ外れたのか・・・鍵掛けてなかったのか・・・
風で窓が飛ばされるなんて初めての出来事だ。


3階の工事をしなきゃならんのだが、一言で「さてどうするか」って状態で作業の一歩が踏み出せないまま時間だけが過ぎる。

電気配線をしなきゃならないのと、断熱をするために壁は剥がしたんだけど、流れで天井も解体しなきゃならない。
解体したら結局は元に戻す作業が必要な訳で、当然材料も必要になる。

で、材料を切る作業場が必要になるんだが、既にこの時期なので外での作業は難しいと言うか電動工具やらの問題で無理なので、2階で作業するしか無い。

でも2階は壁を取り払ってるので、そのまま作業すると木くずやら何やら一階の天井裏に落ちてしまうので、先に壁を作るか養生しなきゃなきゃならない。


卵が先かニワトリが先かの状態。

更にはストーブとエアコンを置く為の配管用の穴をあけなきゃならないけど、ベットとか家電とか家具の位置も決まらないので、どこに穴を開ければいいのかも決まらない。

まぁ、穴開けは壁が出来てからで良いので何とかなるけど、せっかく解体したんだから、それに合わせて壁の位置をずらして部屋の間取りも変更したいので、元の構造に壁を戻すだけじゃ無いってのも悩む要因。


それと、一階のリフォームも完全に終わった訳じゃなくて、特に問題なのが水道の凍結に直結しそうな部分。
まさかこの時期まで終わらないと思ってなかったので後回し的になってたので、これまた早めに解決しなきゃならない。
主に給湯室になってる納戸だけど、まだ床も天井も無く、壁は半面だけの状態。

で、これまた上で述べたように、材料を加工する場所を先に準備しなきゃ作業出来ないので、だったら2階が先か??って話に戻ってしまう。
正に堂々巡り。

一階で生活が始まってるというのも要因で、戸は開けっ放しにできないので一回一回閉めなきゃならないし、床はゴミで汚せないしでとにかく全く作業が出来ず、真冬到来することで気持ちばっかり焦ってしまって、追い詰められたストレスでしか無い。


さてどうする・・・

posted by がーご at 02:56 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

束の間すぎる休息

雪が降り初めてしまいました。

本来ならもう新居に引っ越しも終わって生活してるハズなのに、1階は細かい内装作業を保留にした状態で2世帯の生活がスタートしてるし、自分らの2階は今日ようやく手を付けたところ。

現在までに予定より3ヶ月近く遅れてしまったので、引っ越しが完全に終わるのは年明けになるのが確定。

というか、工事自体遅れても流石に真冬突入は想定してなかったので、初期の頃に2階の天井と壁の一部は解体したままで、極寒状態に加えて電気配線もまだなので照明も無くて、夕方になるともう暗くて作業できない。

解体が終わるまでは木くずとか諸々で火災が心配なのでストーブも置けず。


今日ようやく2階の解体を再開したんだが、一階よりも手間がかかりそうだけど、断熱も入れたいし電気のルートや位置も変えたいので壁と天井を解体しない訳にはいかず、早いとこ解体して壁と天井だけでも造作できれば寒さはしのげる。

果たして年内にどこまで進めれるか・・・


除雪の関係もあって、本格的な積雪になったら作業効率はグンと落ちるのが目に見えてるし、去年の冬に凍結したであろう破損した融雪用の井戸のポンプも買い替えて設置しなきゃいけない。


まだまだやること沢山ありすぎて、ストレスで爆発しそうだったので昨日は半日だけど休息した。

posted by がーご at 20:49 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする