2020年05月16日

仕事終わらず工事も進まず

連休前からやってた仕事が未だに完了とならず、他の仕事も重なってリフォーム工事が進まない中、梅雨入り前のグズグズ天気で資材の買い出しにも行けません。

業務で新しく作ったWEBサイト、既にOKも出て稼働して数日経つんだけど、流石にGoogleさんの結果はまだ良くなく、初登場で12位。

そんな中、ふと調べていると、Googleさんに構造上のエラーの表記が。
しかもトップページで。

たった一箇所、お客さんの所で手直しした文章の改行コードに全角スペースがひとつ入ってた。

普段、プログラムとか英語とか、頻繁に使っている人なら、文字入力の際のスペースや記号は【半角】としていると思われ、何故なら【全角】ってのはスペースも含めて日本語や漢字などの2byte文字でしか使わない。
全角のスペースというのは言ってみれば【 】この空白という[一文字]になってしまう。

英語の文章やプログラムなどの命令は半角で書くのが基本なので、スペースも半角じゃなきゃダメなのだ。

今更ながら、他所のパソコンを使う時は、全角スペースに気をつけなきゃと気付いた。


さて、新居2階のリフォーム。
相方の部屋の床が部屋の中央を堺にして右端が5cm下がり、左端が2cm下がるという、折れ曲がった状態。

何故なら、部屋の中央を走ってるのは、そのまま1階の部屋と部屋の間の壁部分なので下がってないけど、両側を支えてるのは長い張りのみで、間に柱が無いため下がったようだ。

一階の部屋をそのまま延長した2階、文字で表すと“日”みたいな構造なら強度があるんだけど、1階の2部屋を半々でまたぐように2階があるので、文字にするなら“凸”だろうか。(下部分の中央に区切りが足りないが・・)

さらには奥に向かっても全体で3cm下がってるという立体構造。
この床をフラットにするべく策を数日悩んだ。
なんせ時間と手間は掛けたくないし、材料もなるべく有りもので間に合わせたい。
当然、完成後の強度も必要だ。

で、床板を全部剥がして根太から作り直そうかと4分の1剥がしてみたけど、足場も悪くなるし作業しにくいので中断。
万が一踏み外したら1階の天井突き破って落ちてしまうし。。

そんな訳で、根太の上に詰め物置いてカサ増ししながら高さを調整して床板を戻していった。
ただ、部屋の半分を終えたところで、これも面倒だなってことで、残り半分の床板は剥がさず、その上に新しく薄い角材を30cm間隔で並べて、その際に高さ調整する事にした。

この角材の上に床板を新設する。
元々の床板との間に床断熱(というより防音材)を挟み込めばまぁそれなりになるだろう。。

来週中にもこの部屋の床は終わらせて、2階ラストの自分の部屋に着手したい。






posted by がーご at 20:45 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

自粛終わったの?

一ヶ月近くブログ放置してましたが、コロナで休んでた訳じゃありません。
冬が明けたらというか3月に入ったら2階のリフォームを再開して6月には第二弾の引っ越しと思ってました。
世間はコロナで騒ぎ始めてましたし、丁度良いかなと。。

そんな予定で2階の工事を進めてて、まずはメインの2部屋となるキッチン部屋とリビング兼寝室の内壁を全部剥がして断熱材を入れ、天井を剥がして各種配線と配管工事を終わらせて、床を張り増ししたところで、本業の制作業務が入りました。

4月の中頃から期間は3週間で、今日の時点で校正待ち、あと数日で納品というところ。
五所川原も自粛中の中でしたが、他の修理業務も間に入れながらなので、今年初の徹夜作業が続きました。

昨日一日時間が取れたので、相方の部屋の押入れを解体撤去し、内壁を剥がして、畳を撤去したのち床の傾斜を補正する段取りを考えたところ。

すでにGWも終わってしまったのに、未だにこの状態なので6月の引っ越しは無理だな。

あと50日は必要とみて、間に本業を入れながらとすると余裕持って90日。
夏が来る!!


追記:
庭の近くにあった庭用の水道が出ないことに気づいた。
床下で古い水道管が破裂して引き直したけど、恐らく家の中で分岐してたんだろう。
とにかく繋がってないので水が出ない訳だ。
別個に引き直すか、撤去するか・・・まぁ、庭用だしなぁ・・・
posted by がーご at 12:18 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

なんか強く言ってもいいか

自粛や休業に対して補償補償 言い過ぎ!

開けても人来なくて売上が10分の1になっただの、一日1人しか来なかっただの、家賃が払えないだの

閉めたら閉めたで、じゃぁ補償しろだの


サバイバル力無さすぎ!!

今の今までリスク管理出来てなくて自立できてないだけだろ


やってる人は一ヶ月も前から別の活路を模索して切り替えて凌いでる
そこまで切羽詰まってるなら何故行動しない
何故今まで通りの通常営業に固執する

人頼み、国頼みしなきゃ生活できない程度の商売してきたツケだろ


地震や津波みたいな直接の被害に合わなくても、真っ先に生き残れない人、順応できない人だなと思う
posted by がーご at 21:45 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

辛抱・我慢・忍耐

7都府県で緊急事態宣言が発令されましたが、普段以上の遊び感覚でノーマスクで街をうろついてたり、地方へ遠征したりする【異常者】に腹が立つのは自分だけじゃないでしょう。

今の危機的なこういう状況から脱出するためには、一人のバカも出す訳にいかず、たった一人のせいで更に危機的で絶望的な状態にもなり得ます。

街全体が火事で騒いでる時に、天井裏に火花が出てるのに気付かず「ウチは大丈夫だから」と消火活動しないようなものです。

また、テレビのインタビューやyoutubeでもアホな人を見ました。

この緊急事態宣言に伴って休業を要請された飲食店などの数人の経営者の言葉。


一言で集約すると「店を閉める代わりに補償しろよ」と。

震災で津波を経験した人ならわかると思いますが、正に今コロナウイルスの津波が押し寄せていて、自主避難にも似た要請が叫ばれてるのに、そもそも通常通りに店を営業しようと言うのが間違いで、尚且、売上の補償を求めてる訳です。

世界規模で押し寄せて来てる津波に向かって、「店閉めるぞー!補償しろよ!!」って叫んでるのです。

バカでしょ

休業を余儀なくされて収入が減るのは【あなただけじゃないです】

周りを見てください

数カ月後に自分も住んでる地域も生きてるか死んでるか

そもそも言われなくても営業自粛するのが普通なくらいの状況です


同じように、【罰則がないから関係ない】と街にくりだす人もバカだなぁと思います。

津波に流されてお終いです。

何のための自粛かがわかってない

言われたからとか協力したくないとか、そういう次元じゃないのに理解できてない

だからバカなんでしょう


また、今回の宣言は一ヶ月自粛すればOKって事じゃありません。

一ヶ月の自粛によって事態が改善されなければ更に強力な自粛になります。

今現在、経済が止まったとしても人が生きていればまた社会は復活できますが、肝心の人が居ない世界では社会の復活は困難です。


今の状況は【今という一日を乗り切るためのもの】ではなく、【数ヶ月先の未来を維持するもの】なので、苦しいですが耐え忍ぶしか無いのです。


そんな中、たった一人でも異常者が居ると一ヶ月が3ヶ月へ、半年が一年へとどんどん先送りになってしまうので、本当にすべての人類が同じ意識で協力しなければならない事態なんだと思って日々の生活をして欲しいものです。
posted by がーご at 10:14 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

なんか微妙に腹が立つ

ついに青森県でも新型コロナが確認されましたね。

まぁ、実際のところ確認されてない無症状の人はゼロじゃないと思うので初上陸とは言えませんが、今回確認されたのはまたしても老夫婦。

なんでこのご時世に海外旅行に行って帰ってくるのよ。
アホだろとしか言葉がない。

普段買い物行っても気付くけど、ま〜マスクしてないよね。
自分は歳だから感染して死んでもイイとか、息苦しいからだとか、自分の事しか考えてないのかって怒鳴りたくなる。

今回感染した夫婦だって、飛行機はもちろん、帰って来てから町にも出てるだろうし、親戚や友達にお土産とか渡してるだろうし、近所だって歩いてる訳で、そこですれ違った人全員に伝染してる可能性もある。

その感染った人がまた買い物行ったり、営業で五所川原にも出入りしてるだろう。

っていうそうした所にまで考えが及ばないのだから、アホだろと思うのだ。


マスクはしましょう。
無ければガーゼと輪ゴムでも作れます。
それすら出来なければ家から出ない。人と合わない。

これ、今の世界の常識。

一生続くワケじゃなし、個人個人の気持ち一つなんだけど、それすら出来ないんだから・・・やっぱりアホだろ。


で、もうひとつ。

テレビ見ても世間見てもだけど、個人事業主のみならず、様々な業種が経済的ダメージを受けてる。
で、そんな時にふと首を傾げたくなる事が頻発してる。

「収入が減ったけど家のローンや家賃は払わないといけない」
「イベントが中止になったけど場所代は払わないといけない」
「イベント用に大量に仕入れた食材の費用が捻出できずに倒産寸前」
「返品もできないし、キャンセル料は払わないといけない」

ちょっと待て。
イベントが中止になったり、学校が休校になったり、それは個人や業者が勝手に休んだんじゃなく、国の要請に従った結果だ。
ましてこの世界的な情勢を知らないワケでもあるまい。

なぜ、当たり前のように大家は家賃を取ろうとしてるのか!
なぜ、国は納入業者側には請求の延期や緩和など要請しないのか!

事情が事情だからお互いに協力して・・なんて簡単な言葉で国は丸投げしちゃってるけど、イベントの為に何ヶ月も前に予約しておいて届いたものが国の要請に従って不要になったんだから、返品返金できるようにも要請しろや!!

posted by がーご at 21:41 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする