2011年05月27日

麻木久仁子vs2ちゃんねる

ネット接続業者に情報開示命令 麻木さん中傷の書き込み

 インターネットの掲示板「2ちゃんねる」で中傷する書き込みを掲載されたとして、タレントの麻木久仁子さんがネットの接続業者・浜松ケーブルテレビ(浜松市中区)に発信者情報の開示を求めた訴訟で、静岡地裁浜松支部(中野琢郎裁判官)は26日、発信者の名前や住所、メールアドレスの開示を命じる判決を言い渡した。

  判決によると、書き込みは1月4日、同社を経由して掲示板に掲載された。麻木さんは、発信者に損害賠償と謝罪広告の掲載を請求するため、同社に情報開示を求めていた。中野裁判官は判決の中で「書き込みは事実ではなく名誉毀損(きそん)に当たるのは明らか」と述べた。

 同社は「名誉毀損の判断は難しく、裁判所の判断に委ねた。判決に従う」としている。

(情報元:朝日新聞)
---------------------
2chに対して真面目に関わろうとすると何かと損します。
この掲示板は世界的に見てもかなり特殊な場所で、「見た目」匿名で書き込める事から、ある事ない事好き勝手に書くことが出来ます。何よりも公共の掲示板としては大きすぎるその巨大さ故、そこに集まる利用者の数は膨大で、時にはマスコミよりも早く正確な情報だったり、全くのデマだったり、有益な情報もあれば現実の犯行声明もあるなど、書き込み内容は千差万別です。

また、2chの特殊な点として、人格を変えてしまうような麻薬性があります。
発言に対する責任意識が低いため、言葉遣いや文章がどうでもよくなるので、日頃の人格とは全く別の人になれます。注目を浴びやすい事もあって、普段は礼儀正しく大人しい人でも、2chの中では暴言を吐くなど乱暴で大胆になりやすいです。

今回も「誰かの書き込み」によって誹謗中傷がされたとの事ですが、その人の本音なのか、単なる勢いなのか、目立ちたいだけだったのかはわかりませんが、捕まったり裁判になった過去を考えると、麻木久仁子が誰かもわからずノリで書いちゃった中学生って事もあります。

まぁ、悪ふざけであっても、標的にされた側からすると「誹謗中傷」の事実は変わりません。実際にダメージを受けた訳ですから怒るのは当然だし、現実に迷惑をかけた以上、書いた側は謝罪なり反省しなければなりません。
ただ、「2ちゃんねるに書かれちゃったよ(笑)」と話題のネタにする人もいるように、前述した特殊な場所だとして向き合えば、見る側の意識は違ってきます。
事実無根のデマや中傷によるマイナスは、同じく書き込みによって真実やプラスに持っていく事も可能だと言うことです。

「書く側」にも「見る側」にも言えますが、現実と仮想の関わり具合を考えた上手な付き合い方が必要だと思います。



posted by がーご at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

ゴールドメンバーでモー娘。結成

<モー娘。>卒業生らが「ドリーム モーニング娘。」結成 安倍「新人賞狙う」

 アイドルグループ「モーニング娘。」出身の中澤裕子さん(37)、安倍なつみさん(29)、矢口真里さん(28)らOGメンバー10人が28日、新たなグループ「ドリーム モーニング娘。」を結成。28日に東京都内で行われたイベントでファン500人を前に「LOVEマシーン」などを披露した。
安倍さんは「本当に夢のよう。新人賞狙おうか!」と満面の笑みで、中澤さんは「この年齢にして、こういう活動ができるのは夢のよう。ライバルは誰と聞かれたら、世の中に存在する女性グループはすべて」と活躍を誓った。アルバム発売や春と秋にコンサートツアーを開催することも発表した。

 「モーニング娘。」は、98年1月28日発売のシングル「モーニングコーヒー」でメジャーデビューしてから、今年で14年目を迎える。5人のオリジナルメンバーでスタートしてから卒業と加入を繰り返し、2日に9期メンバー4人を新たに加え、現在は高橋愛さんをリーダーに現役メンバー9人(平均年齢 17.5歳)で活動中。

 「ドリームモーニング娘。」は、オリジナルメンバーの中澤さん、飯田圭織さん(29)、安倍さん、2期メンバーの保田圭さん(30)、矢口さん、4期の石川梨華さん(26)、吉澤ひとみさん(25)、5期の小川真琴さん(23)、6期の藤本美貴さん(25)、7期の久住小春さん(18)の10人(平均年齢27歳)で結成。初代の中澤さんをはじめ、2代目の飯田さん、3代目の矢口さん、4代目の吉澤さん、5代目の藤本さんと歴代リーダーが顔をそろえた。昨年12月に第2子を出産したばかりの辻希美さんは、当初参加の予定だったが、育児に専念するため芸能活動を控えるといい、参加は見送られた。

 春のツアーは「ドリーム モーニング娘。コンサートツアー2011 春の舞〜卒業生 DE 再結成〜」と題して、4月23日の愛知・中京大学文化市民会館オーロラホールを皮切りに、東京、大阪、兵庫、神奈川、広島など全16公演を予定。さらに、秋にも「秋の舞」と題したコンサートツアーを行う予定だ。ファーストアルバム「ドリムス。1(ドリムスワン)」は、「モー娘。」の楽曲のリテークに新曲2 曲を収録予定で、4月20日に発売予定。メジャーデビューの記念日でもあるこの日のイベントは、ファンクラブ会員500人を招いて東京・中野サンプラザで行われた。
(記事元:毎日新聞デジタル) 
posted by がーご at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

松本人志監督、次回作は時代劇

(記事元:スポニチ)

松ちゃん映画第3弾は時代劇!主演は「おっさん」

 「ダウンタウン」の松本人志(47)の映画監督3作目が「さや侍」に決まった。
07年の「大日本人」、09年の「しんぼる」に続く作品で、初めて時代劇に挑戦。10月7日に関東近郊で極秘にクランクインし、現在も撮影が続けられている。

  刀を捨てた武士・野見勘十郎と、そんな父親に反発する娘たえの親子の物語。一見、正統派の時代劇だが、関係者によると「監督の持つ“笑い”と“悲しみ”の感覚が奇想天外な設定で描かれている」といい“松ちゃんワールド”全開の1作になるようだ。

  キャストも異色。主演の勘十郎には、06年に松本が司会を務めたフジテレビの「働くおっさん劇場」で有名になった素人の野見隆明(53)。現在は新宿でバーテンダーをしており、松本の熱望で再びカメラの前に立つことになった。たえは子役の熊田聖亜(9)が演じる。

  松本は過去2作に自ら主演してきたが、今回は監督に専念。昨年10月に第1子となる長女が誕生してから初めての映画だけに、“父親の愛情”をじっくりと描きたかったようだ。
  撮影は来年1月中旬に終了予定。松本は「監督以外、撮影快調!」とコメント。公開は同6月で、製作陣はカンヌなど海外の国際映画祭への出品も狙っている。北野武監督(63)も異色時代劇「座頭市」で03年のベネチア国際映画祭で監督賞を受賞。松本が後に続く可能性は十分ある。



posted by がーご at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

今年は優勝なるか!?

(記事元:TV LIFE)
今年で『M-1グランプリ』最後! 笑い飯、ジャルジャルら決勝進出者8組が決定

 12月12日に、東京・両国国技館で漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2010』の準決勝が行われ、約6000人のお笑いファンが見守る中、カナリア、銀シャリ、ジャルジャル、スリムクラブ、ナイツ、ハライチ、ピース、笑い飯(※五十音順)の8組が26日に行われる最後の決勝に進出を決めた。また、今回をもって『M-1グランプリ』が終了することも発表された。

 結果発表後に行われた記者会見で、9年連続決勝進出を果たした笑い飯・西田は「貴重なレギュラー番組なので終わるのは悲しいです。優勝して新しいレギュラー番組を取りたいです」、哲夫は「これまでの順位を考えると最後は1位しかないですね」と優勝に対する熱い思いを語った。

 決勝初出場のジャルジャル・後藤は「初めての決勝なので、無欲でまっすぐ前を向いて自分たちの漫才をしたい」と喜びいっぱい。また、ライバルは誰かという質問に対して、2人とも「同期の銀シャリ」と声をそろえていた。ライバルと言われた銀シャリ・橋本は、「これまで『M-1』を支えていた人たちと新興勢力のガチンコマッチを見てほしい」と笑い飯をはじめとした常連に対して熱い火花を散らしていた。

 結果発表と同時にネタ順抽選会も行われ、7番目になったハライチ・澤部は「(去年に続き)笑い飯さんの後というのが引っかかっています。去年は苦しかったのでそれを乗り越えられれば」と雪辱を誓った。今回、トップバッターに選ばれたのはカナリア。安達は「トップバッターなので盛り上げて、いい点を取って逃げ切りたい」と今から、当日のシュミレーションを行っていた。

 『M-1グランプリ2010』は、ABC・テレビ朝日系で12月26日(日)後6:30〜8:54に放送。ネタ順披露順は以下。

『M-1グランプリ2010』ネタ順
1. カナリア
2. ジャルジャル
3. スリムクラブ
4. 銀シャリ
5. ナイツ
6. 笑い飯
7. ハライチ
8. ピース
9. 敗者復活戦勝者
posted by がーご at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする