2010年08月26日

iPhoneでR-TYPE

80年代と言うか間違いなくゲームセンターを代表するゲームの一つと思われる名作「R-TYPE」が、iPhone,iPodに移植されたぞ。価格は230円。
もちろん全8ステージを完全移植!
と言いたい所だけど、細かいところで「惜しい!」感じ。移植元が洋ゲーメーカーなので無理も無いか・・
それでもR-TYPEの魅力は十分に再現されていて、操作も傾け、タッチ、バーチャル方向キーの3つから選べるので、かなり遊べるモノになってます。

mzl.lriqutok.320x480-75.jpg


posted by がーご at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

中国発の謎のゲームCM

他国の文化って関心させられるモノより、「えっ?」と思わせるモノの方が多いですが、特に多いと思われるのが変なテレビコマーシャルです。
今回はキワモノ、変モノ、バッタモノなど怪しい商品でお馴染み(?)の中国から、謎のゲームを紹介します。

何やらカードゲームのような億万長者ゲームのような、いわゆる卓上ゲームなんですが、映像からは詳細が全くわかりません。これ、何がスゴイかと言うと、テレビコマーシャルが変すぎです。とにかくブっ飛びすぎてて、日本だと放映禁止レベルのCMです。
posted by がーご at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

今日は何の日

南の方での豪雨による被害のニュースが連日目にしますが、こちら北の方では外を歩いていると夏間近と感じる暑さが続いております。
さて、早くも7月半ばとなってしまいましたが、今から27年前の1983年7月15日は何の日だったか覚えてる人は少ないかも知れません。実はあるモノにとって誕生日とも言える記念すべき日なんです。

そう、今日の日本のゲーム文化を築いた元祖とも言うべき、あの「ファミリーコンピュータ(任天堂)」の発売日なのでした。
もう27年も経ったんだねぇ。
当時10代だったゲーム少年も、今では中年ど真ん中となってしまいました。

自分はファミコン登場以前から、パソコンやゲームセンターで遊ぶ少年だったんですが、ファミコンの登場はそんなゲーム少年の心をギュっとつかんだモノでした。ファミコン以前のゲームも当然楽しいものでしたが、ファミコンには敵いません。何せ、お金を払って遊んでいたゲームセンターのゲームが、当時としてはほとんど同じ状態で好き放題遊べちゃうんですから、もうワクワク以外の何ものでもありません。
またたく間に全国的なブームとなったのは言うまでも無く、ファミコンが無ければ今のゲーム文化も無かったと言えるくらい、その存在は大きいものなのです。

ちなみに、ファミコンの発売日に同時発売されたソフトは、
・ドンキーコング(任天堂)
Donkey Kong (JU)_001.jpgDonkey Kong (JU)_002.jpg

・ドンキーコングJr(任天堂)
Donkey Kong Jr (JU)_001.jpgDonkey Kong Jr (JU)_002.jpg

・ポパイ(任天堂)
Popeye (JU)_001.jpgPopeye (JU)_002.jpg

この3タイトルでしたが、当時小学生ながら喫茶店でドンキーコングJrのハイスコア特典で、コーヒーをタダ飲みしすぎて出入り禁止になった自分としては、涙溢れる想いでした。
次期ラインナップが続々と発表されていたので、発売日にポパイは買いませんでしたが、結局安くなった頃に買ってました。

懐かしさは当然ありますが、この当時のゲームは今遊んでも面白く良く出来ていて、昨今の複雑なシステムにゴテゴテの演出なゲームよりも、シンプルで気軽に楽しめるものがほとんどです。当然、それまでに無いゲームのスタイルとブームだったので、新しく斬新なゲームも続々発売されて行き、今あるゲームのジャンルやシステムの基礎となった作品も数多く誕生しました。
正にこの1983年を境に、日本のゲーム産業はバブルの如く発展して行くのであります。

posted by がーご at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

ドラクエ新作は君にも作れる

日本のゲームと言えば必ず挙がるタイトルにドラゴンクエスト(以下ドラクエ)があるが、開発元のスクウェアエニックスが6月28日から同社公式サイトのキャリア採用コーナーの特設ページにおいて、ドラゴンクエストシリーズのシナリオ作成スタッフの募集を開始した。
募集人数は若干名で応募締切りは2010年7月12日(月)消印有効。

主な仕事内容は,ストーリーや世界観設定,街の人々のセリフなど,ゲーム内で表現されるさまざまなテキストを作成するというもので、シナリオ制作の未経験者でも熱意があれば採用の見込みはあるようだ。

一応、契約社員との事なので、バイト感覚やお小遣い欲しさなどは厳しいが、現在無職であっても作文2点「ドラゴンクエストについて思うこと」「復讐物語のプロット」(それぞれ1000文字〜1600文字×1枚)の応募作品の内容次第で、日本のゲーム史に名前が残せるチャンスだ。

締切りまで日が無いので前々から自分なりのゲームのシナリオが頭にある人以外は日数的にツライものがあるが、課題は軽目なので本格的じゃなくてもいいのでトライしてみてはどうか。

シナリオスタッフ募集(スクウェア・エニックス公式サイト)
posted by がーご at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする