2011年10月19日

ネットバンキング不正引き出し2.8億円

 インターネットバンキングに不正アクセスが相次ぎ、顧客の現金が勝手に引き出されている問題で、被害総額が警察庁の調べで、今年4月からこれまでに全国でおよそ2億8000万円にのぼっていることがJNNの取材でわかりました。ネットバンキングを狙った不正送金の被害額が明らかになるのはこれが初めてです。

 警察庁によりますと、ネットバンキングから不正に金が引き出される被害は急増していて、4月からこれまで、全国30の都道府県およそ50の金融機関で総額2億8000万円が引き出されているということです。その手口の多くは、銀行などを装ったメールを送りつけ、暗証番号などの個人情報を盗み出す「フィッシング」と呼ばれるものです。

 警察庁は「フィッシング」などサイバー空間における被害が後を絶たないことなどから、18日、全国のサイバー犯罪を担当する幹部を集め、全国サイバー犯罪統括官会議を開きました。この中で、片桐裕長官は「事業者や関係省庁とも連携し、官民挙げて対策に乗り出してほしい」などと指示。警察庁はフィッシング対策を中心とした不正アクセス禁止法の改正を行う方針です。(TBS NEWS 18日11:12)

インターネットを使用していて「ウイルス」や「デマ」や「詐欺」に対して過剰に反応するのは、巨大な情報網の利便性を損なうので程々にと思いますが、こうした被害に合う人の多くが「基本中の基本」を知らない人=初心者だったりします。

何事にも初心者は付き物ですが、初心者=無知ではありません。

初めて使うモノ、初めて出会うモノに対して、何一つ情報が無い無防備な状態が如何に危険かはパソコンに限った話ではありませんし、パソコンは単なる道具の一つです。使い方を知らずに使う道具ほど危険で勿体無いですよね。

「やっちゃイケナイ事」
「注意する事」

この2つは道具でも家電でもオモチャでも旅行でも食べ物でも何にでも言える事ですが、先ず初めに覚えなければなりません。
あらゆるものが簡単に始められ、初心者に優しい世の中になりましたが、この「最低限覚えなきゃいけない事」は一番初めに知っておきましょう。
そういうのが面倒くさくて事故が起きたとしても無知な自分を責めるしかありませんので。。



posted by がーご at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

震災のガレキ見つかる

東日本大震災の時に津波で流されたと見られる船や家電、生活用品などのガレキが、3100キロも離れた北太平洋、アメリカのミッドウェー諸島沖に漂着してるのが見つかったそうです。

場所は地図の赤丸の辺り
111016.gif
日本から見ると、ハワイの手前くらいに位置する場所ですが、よくまぁ流れて行ったもんです。
未だ行方不明者も3000人を超えてますが、潮の流れ的にハワイ方面に流れて行ったんでしょうか。
一人でも多く見つかって欲しいです。
posted by がーご at 04:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

どうしたPSN

プレイステーション・ネットワークにまた不正アクセス

ソニーは12日、同社のオンラインサービス「プレイステーション・ネットワーク(PSN)」などで、9万3千件の不正アクセスを受けたと発表した。同社が被害状況を調べているが、クレジットカード情報などの流出は今のところ確認できていないという。

 同社によると、不正アクセスがあったのは、ゲーム配信サービスの「PSN」と「ソニー・オンラインエンタテインメント」、映像配信サービス「ソニー・エンタテインメント・ネットワーク」の三つ。今月8日〜11日にかけて、特定のコンピューターが、約9万3千人分の会員IDを使い、不正アクセスをしていたことが分かったという。不正利用されたIDのうち日本の会員分は約600件。同社は11日までに該当する会員IDを一時停止し、被害状況を調べている。

 同社のオンラインサービスは4月下旬に約1億人分の情報流出が発生し、サービスを一時停止していた。同社広報は「再開後に会員IDを変更しているため、当時流出したIDが今回の不正アクセスに利用されることはない」としている。
posted by がーご at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

天災じゃないわな

23日中にも空から降ってくると言われてる大気観測衛星「UARS」の残骸ですが、万が一家や人に被害があった場合、誰が保証してくれるんでしょうねぇ。
やはりNASAか?

今現在は上空200キロよりどんどん落下してきてるようで、大気圏で燃え尽きる見込みも無く、試算では26個(計532キロ)くらいの金属片が降ってくるのです。
落下地点がかなり広範囲となっていて、日本も全土が含まれてます。
パニック映画みたいに燃えながら落ちてくるんだろうねぇ。
これまた試算によると、人に当たる確率は3200分の1で、「自分に当たる確率」は21兆分の1になるとの事。

当たったら全世界の有名人間違いなしだな

 
posted by がーご at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする