2011年12月15日

止まらない個人情報流出

スクエニから個人情報流出か…不正アクセスで180万人分

 人気シリーズ「ファイナルファンタジー」などを制作するゲーム大手、スクウェア・エニックスの運営する会員制ゲームサイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出した恐れがあることが15日、分かった。

 同社によると、サイトに登録している会員は国内100万人、北米80万人の計180万人。同社は、サイトでのサービスを停止し、総務省に報告した。個人情報にはクレジットカードの情報は含まれず、悪用の被害も確認されていないという。
(記事元:ZAKZAK)
----------------------

会員登録されてる方は、早めにパスワードの変更を。



posted by がーご at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

粉ミルクからセシウム

粉ミルクからセシウム 明治ステップ 40万缶無償交換へ

食品大手の明治(東京)が製造、販売する粉ミルク「明治ステップ」から、最大で1キログラム当たり30・8ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが6日、同社の調査で分かった。詳しい混入経緯は不明だが、同社は東京電力福島第1原発事故に伴うものとみている。

厚生労働省によると、原発事故後に粉ミルクからセシウムが検出されたのは初めて。明治は約40万缶を対象に、無償交換する方針。国が定める粉ミルクの暫定基準値(1キログラム当たり200ベクレル)は下回っている。乳児は大人より放射性物質の影響を受けやすいとの指摘があり、厚労省は近く新たに「乳児用食品」の基準値を設定する方針を決めている。

明治によると、セシウムが検出されたのは賞味期限が2012年10月4日、同21日、同22日、同24日の製品。日付は缶の底に記されている。明治は国内の粉ミルク販売シェア約4割の最大手。

記事元:スポニチ
----------------------
すぐに危険かどうかは別としても、乳児用は流石にやばいんじゃないか。
「安心」だとか「許容範囲」だとかいう言葉は、前例が無い上での戯言だと言うのはすでにバレちゃってる訳で、10年後20年後にどう影響するかなんて誰一人答えられない。そんな中で「暫定基準は下回っている」と言うのは何の気休めにもならないよね。

しかもこれって元になってる乳牛自身か、牧草などの餌の時点で汚染されてるって事じゃないの?
牛だけじゃなく色んな食品や加工物だって、表に出ない(調査してない)だけでホントはもっとあるはずだよ。


って、国産和牛なんて今年に入って一回しか食ってないけど・・
posted by がーご at 03:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

スマートフォンでも注意

インターネットをする上で注意しないといけないのが、ウイルスや詐欺の被害ですが、ネット環境が進化する中で、これらの被害はパソコンだけのものでは無くなりました。

特にパソコンと同じプログラムを共有するiPadやスマートフォンは要注意で、インターネットに初めて触れる人が増えたのも、ネットのトラブルや被害拡大の一因となっています。

スマートフォンを狙った「ワンクリック詐欺」が出現(ITPRO)

  トレンドマイクロは2011年11月8日、スマートフォンのユーザーを狙った「ワンクリック詐欺」が確認されているとして注意を呼びかけた。

 ワンクリック詐欺とは、Webページにアクセスしただけ、あるいはWebページ中の画像やリンクなどをクリックしただけで料金を請求するネット詐欺のこと。

続きはこちら


posted by がーご at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

ファイル共有でまたまた逮捕

「Cabos」「LimeWire」で著作権侵害、音楽ファイル無断公開の4人を書類送検
(記事元:Internet Watch)

 京都府警本部サイバー犯罪対策課と京都府五条警察署は27日、ファイル共有ソフト「Cabos」を使用してインターネット上に音楽ファイルを無断で公開していた京都府在住の55歳の男性と44歳の男性および20歳の女性、ファイル共有ソフト「LimeWire」を使用して音楽ファイルを無断で公開していた京都府在住の33歳の男性を、著作権法違反容疑により京都地方検察庁に書類送検した。同日、一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)が発表した。

 JASRACが10月12日と18日にそれぞれ告訴していた。被疑者らはいずれも、JASRACの管理楽曲である音楽ファイルを CabosやLimeWireでダウンロードし、これらをJASRACに無断でインターネット上に公開。不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにして著作権(複製権及び公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。

 今回摘発の対象となったCabosやLimeWireは、ダウンロードした楽曲をコンテンツ管理ソフト「iTunes」に取り込む機能があり、著作権侵害行為が助長されることが懸念されていたという。このため、京都府警とJASRACが連名で「ファイル共有ソフトを使った違法ファイル(データ)共有に注意!」と題する書面を作成。京都府内の中学・高校約300校の生徒に配布するとともに、学校関係者や保護者に対しても適切な指導対応を求めた。
---------------------------
相変わらずだが、毎年のように逮捕者が出てる気が・・・
今時P2Pで捕まるなんて恥ずかしいったらありゃしない。
情報に疎いとしか思えない。
posted by がーご at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする