2019年12月03日

更なる悲劇か

午前中にNTTの工事があったので新居に行ったところ、何やらバタバタと気になる音。
今日は風が強かったので今度はナニヨと思い2Fの窓から眺めてみると、2階建て車庫の屋根が今にも剥がれて飛ばされそうな状態に。

ちょうど吹雪の真っ只中だったけど飛ばされたら2次被害とかシャレにならんので、急いでハシゴをかけて登ってみた。

屋根のちょうど真ん中辺りの軒の板が腐ってて割れて落ちてて、その影響で屋根のトタンが2面剥がれてる。
風が横から当たる事で、トタンが下から煽られてて中腹くらいまでクギが抜けかけてる状態。

このまま風に煽られてたら間違いなくベリンって剥がれて飛んでいくのが見えてる。
特に明日は暴風らしいから、とりあえず応急処置したけど、何しろ風が強く冷たいので、おなじみの指の痛さと突風に気をつけながらの高所作業で何一つ思うようにできず、今晩だけ様子を見る事にした。

明日トタンの上からでも何でもいいから板でも打ち付けておこうと思う。
風次第だが・・・

2階建ての屋根のヘリという事は3階建の床下並みの高さな訳で、若干の高所恐怖症な自分には結構な重作業。

で、とにかく指が取れるくらいに痛いし、防寒用の手袋だと作業ができないしで、踏んだり蹴ったりなわけだ。


築46年
中古物件をナメてた


posted by がーご at 20:34 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: