2014年03月01日

仮想通貨ビットコイン大手が破綻

インターネット上で使える仮想通貨「ビットコイン」を管理する大手会社が、不正アクセスを理由に全てのビットコインを消失したと発表。
これにより民事再生法を適用し経営は破綻した。

ビットコイン大手破綻…「不正アクセスで消失」。

説明求め利用者ら抗議も「移転した」? 渋谷のビットコイン取引所「マウントゴックス」取引停止


記事によると、現在価格にして約480億円もの仮想通貨が消失したとされているが、そもそも「そこに」現金がある訳でもなく、仮想通貨は単なるデータでしかない。
普通に考えれば、そのデータが消えたからと言って破綻するような問題では無く、データを差し替えれば済む話である。

では、何故このような自体になったかと考えると答えは実に明白で、顧客の資金、つまり実世界の現金を使い込んでしまったか、盗まれてしまったか、はたまた最初からの大掛かりな詐欺だったかである。


自分はビットコインは使った事がないので利便性はわからないが、他の仮想通貨も含めて、この手のサービスは現物が存在せず、目に見えないデータの集合体でしかないので、いつサービスが終了してもおかしくないのだ。

特に現実世界のお金や資産に影響を及ぼすようなサービスは慎重に利用する必要があり、当然ながら多額のお金を仮想通貨にしてはいけない。


今回の破綻劇で被害者への賠償など、今後どうなるのか注目したい。


posted by がーご at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック