2020年06月15日

なぜに今の悲劇

旧家の給湯器の配管から水漏れ。

朝はなんとも無かったので、日中か午後だろうか。

夜8時過ぎに家に着いたら床が水浸し。
外に出て確認すると外壁の下から水が流れてた。

新居のリフォームがまだ終わってなくて、引っ越し作業は7月中旬から8月になる予定で、自分だけ旧家で猫と一緒に生活してるので、せめて引っ越しが終わった後なら水道も止める事ができたのに。。

なんで後2ヶ月くらい待てなかったのかと。

破れたのは風呂の浴槽用の水道管に向かう繋ぎ目で、新居一階のリフォームが終わった去年の11月からはシャワーしか使ってないので、浴槽の水は一回も出してなかった。

風呂は新居の方で入れるから。

なので、水の流れが無くて、腐食して圧力に負けたんだと思われる。


ん〜
修理しないと台所も使えず、手を洗ったり猫に水をやることも出来ない。
各箇所に止水栓があれば個別に止めれるから良かったんだろうけど、そんなものは無いし。

とにもかくにも面倒だ
posted by がーご at 21:49 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

今や月イチ

もはや不定期どころか月に1回しか書いてませんが、ご無沙汰です。

コロナウイルス
収まるわけが無いのに、終わったような気になって以前のような生活に戻っちゃう人達。
で、東京ではまた自粛的になるし、どこかの国ではデモや暴動に参加しちゃうし。

予防対策はこれから先、何ヶ月、何年って必要になるのに、「大丈夫だ」って全く根拠の無い自信だけで無防備になっちゃう人って、なんだろうって思う。

数十日ぶりに開放された公園や観光地に、ゴヤゴヤと集まる家族。

行くのはいいさ。
自分も行ってるかも知れないし。

ただ、現地着いて混雑してたらやめるよね普通。

テレワークだの時間差出勤だのととりあえず一ヶ月以上やってた多くの会社も、極々普通の以前と変わらないスタイルへ戻ってしまった。

当然、通勤ラッシュやら朝夕の人でと混雑も以前の状態になったわけで、そりゃ第2波にもなるだろうよ。

自粛が解けた=安全宣言とでも思っているんだろうか。


ん〜
こういう人達、ホントになんだろうって思う。


そんな中、うちの仕事も収まりませんが、合間の時間を使ってリフォーム再開。
流石に一年経過したし、今年も半分終わっちゃったことで、若干の焦りも出てきた。

2階の階段廊下以外の部屋の床は全部張り終えた。

2階の壁下地の修正と壁断熱も、残り一部屋半かな。

本業の業務もあるんで進行は遅めだと思うけど、目標は6月中に2階の内装まで終わらせて、7月には引っ越し作業に入れたらと思ってる。


まぁ、今までの実績的に予想+2ヶ月としても秋には終わるだろう(苦笑)



posted by がーご at 22:34 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

仕事終わらず工事も進まず

連休前からやってた仕事が未だに完了とならず、他の仕事も重なってリフォーム工事が進まない中、梅雨入り前のグズグズ天気で資材の買い出しにも行けません。

業務で新しく作ったWEBサイト、既にOKも出て稼働して数日経つんだけど、流石にGoogleさんの結果はまだ良くなく、初登場で12位。

そんな中、ふと調べていると、Googleさんに構造上のエラーの表記が。
しかもトップページで。

たった一箇所、お客さんの所で手直しした文章の改行コードに全角スペースがひとつ入ってた。

普段、プログラムとか英語とか、頻繁に使っている人なら、文字入力の際のスペースや記号は【半角】としていると思われ、何故なら【全角】ってのはスペースも含めて日本語や漢字などの2byte文字でしか使わない。
全角のスペースというのは言ってみれば【 】この空白という[一文字]になってしまう。

英語の文章やプログラムなどの命令は半角で書くのが基本なので、スペースも半角じゃなきゃダメなのだ。

今更ながら、他所のパソコンを使う時は、全角スペースに気をつけなきゃと気付いた。


さて、新居2階のリフォーム。
相方の部屋の床が部屋の中央を堺にして右端が5cm下がり、左端が2cm下がるという、折れ曲がった状態。

何故なら、部屋の中央を走ってるのは、そのまま1階の部屋と部屋の間の壁部分なので下がってないけど、両側を支えてるのは長い張りのみで、間に柱が無いため下がったようだ。

一階の部屋をそのまま延長した2階、文字で表すと“日”みたいな構造なら強度があるんだけど、1階の2部屋を半々でまたぐように2階があるので、文字にするなら“凸”だろうか。(下部分の中央に区切りが足りないが・・)

さらには奥に向かっても全体で3cm下がってるという立体構造。
この床をフラットにするべく策を数日悩んだ。
なんせ時間と手間は掛けたくないし、材料もなるべく有りもので間に合わせたい。
当然、完成後の強度も必要だ。

で、床板を全部剥がして根太から作り直そうかと4分の1剥がしてみたけど、足場も悪くなるし作業しにくいので中断。
万が一踏み外したら1階の天井突き破って落ちてしまうし。。

そんな訳で、根太の上に詰め物置いてカサ増ししながら高さを調整して床板を戻していった。
ただ、部屋の半分を終えたところで、これも面倒だなってことで、残り半分の床板は剥がさず、その上に新しく薄い角材を30cm間隔で並べて、その際に高さ調整する事にした。

この角材の上に床板を新設する。
元々の床板との間に床断熱(というより防音材)を挟み込めばまぁそれなりになるだろう。。

来週中にもこの部屋の床は終わらせて、2階ラストの自分の部屋に着手したい。




posted by がーご at 20:45 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

自粛終わったの?

一ヶ月近くブログ放置してましたが、コロナで休んでた訳じゃありません。
冬が明けたらというか3月に入ったら2階のリフォームを再開して6月には第二弾の引っ越しと思ってました。
世間はコロナで騒ぎ始めてましたし、丁度良いかなと。。

そんな予定で2階の工事を進めてて、まずはメインの2部屋となるキッチン部屋とリビング兼寝室の内壁を全部剥がして断熱材を入れ、天井を剥がして各種配線と配管工事を終わらせて、床を張り増ししたところで、本業の制作業務が入りました。

4月の中頃から期間は3週間で、今日の時点で校正待ち、あと数日で納品というところ。
五所川原も自粛中の中でしたが、他の修理業務も間に入れながらなので、今年初の徹夜作業が続きました。

昨日一日時間が取れたので、相方の部屋の押入れを解体撤去し、内壁を剥がして、畳を撤去したのち床の傾斜を補正する段取りを考えたところ。

すでにGWも終わってしまったのに、未だにこの状態なので6月の引っ越しは無理だな。

あと50日は必要とみて、間に本業を入れながらとすると余裕持って90日。
夏が来る!!


追記:
庭の近くにあった庭用の水道が出ないことに気づいた。
床下で古い水道管が破裂して引き直したけど、恐らく家の中で分岐してたんだろう。
とにかく繋がってないので水が出ない訳だ。
別個に引き直すか、撤去するか・・・まぁ、庭用だしなぁ・・・
posted by がーご at 12:18 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

なんか強く言ってもいいか

自粛や休業に対して補償補償 言い過ぎ!

開けても人来なくて売上が10分の1になっただの、一日1人しか来なかっただの、家賃が払えないだの

閉めたら閉めたで、じゃぁ補償しろだの


サバイバル力無さすぎ!!

今の今までリスク管理出来てなくて自立できてないだけだろ


やってる人は一ヶ月も前から別の活路を模索して切り替えて凌いでる
そこまで切羽詰まってるなら何故行動しない
何故今まで通りの通常営業に固執する

人頼み、国頼みしなきゃ生活できない程度の商売してきたツケだろ


地震や津波みたいな直接の被害に合わなくても、真っ先に生き残れない人、順応できない人だなと思う
posted by がーご at 21:45 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする