2019年01月04日

2019活動始め

2019年の4日目となりましたが、今日から仕事開始です。
早いです。
完全なる休みが取れたのは2日と3日だけだったので、気持ちあと7日くらい休みたい。

今年の正月こそがっつり休むと決めたので、休み明けまでパソコンから離れるため、12月28日の夜にパソコンを掃除してから今朝まで組み立てないことで、何十年ぶりにパソコンから離れて過ごせました。

でもね、、
電話は来るし、人も来るし、雪も積もる。

結局、何にも邪魔されない連続した自由な時間というのは取れないんだなと思った。
予定通りに進まずにズレるのはまだいいけど、特に予定の合間が途切れ途切れになると体よりも頭が休まらない。

例えば、映画一本見る間に、電話来て10分、買い出し頼まれて30分、その為の雪かきで20分、人が来て5分とか、その都度ぶつ切りな感じ。


海外とか別荘とかに脱出したい気持ちがわかります。


と、年始早々の愚痴をこぼした所で、スイッチも切り替わったので、気持も新たに活動開始致します。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


【たわ言の最新記事】
posted by がーご at 10:08 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

ほっとひと息

先日の難題だった修理は無事に終えて納品して来た。
26日になった深夜0時過ぎ、作業中の気晴らしでブログを書いた後で、遠回りな方法で時間はかかるけど確実かなって方法を試したら見事に難関を突破できた。
その後は順調に作業は進んだものの、結局26日の午後1時まで約12時間追加して今回の修理案件は完了する事ができた。

24日の午後に引き受けたが別の仕事が重なって、実際に着手したのが25日の午後だったので、述べ23時間ほどの通し作業となった。
過去の案件からすると時間的には中級クラスだったけど、精神的なダメージはかなり高かったので、片付いてホント良かった。


で、今日は通常なら車で40分ほどの中泊での仕事で、今年初の猛吹雪との戦いで疲労困憊しました。
午後2時前に出発して、天気はそこそこだったものの、到着したのが3時を過ぎてました。
そこから作業して終わったのが夕方5時過ぎ。

外は真っ暗かつ猛吹雪。
まず、場所が山側で初めて行く場所だったので、若干道に迷って同じところを3週ほど行ったり来たり。
車1台分で左右はちょっとした崖みたいな所が何度も出てくる。
坂道だし。
凍ってるからスリップも心配だ。

通りからの行きは5分ほどで到着したのに、帰りは通りに出るまでに15分かかった。
で、帰り道の危険を察知して、スーパーの駐車場で家に電話。

で、吹雪が収まって来たのを見計らって出発したが、走り初めて間もなく大吹雪に見舞われた。
完全に前が見えない。

金木に入ってからは更にひどく、視界ほぼゼロの状態。
ヘッドライトの前1mくらいまでしか見えない。
前も後ろも車は居ないようで、必然的にも自分が先頭。

対向車線にだけはハミ出さないようにと注意しながら左寄りで走ってたんだけど、歩道も街灯もない真っ暗な道路沿いを、全身黒ずくめのおっちゃんが歩いてて、慌ててハンドルきって避けたら若干スリップして事故る寸前だった。

で、その後も前が見えず、うっすら見えて来る対向車のライトで道の曲がり具合を知れる程度。
途中、空中にぼんやりと灯りが見えたので速度を緩めたが、赤信号だと気づいた頃にはほとんど渡ってしまっていた。
車通りのない三叉路だったから良かったが、これまた焦った。

で、尚も前が見えない状態で走っていたんだが、かろうじて見える左側に沿って走っていて、軽く右にカーブしてるなと思った次の瞬間、突然目の前に横倒して立ってる乗用車が現れてぶつかるかと思った。

この時はマジで焦った。

若干のカーブが吹雪で見えなくて、左側の水路に突っ込んで落ちたんだろう。
この車に驚いたのはもちろんだけど、この車が無かったら多分自分が落ちてただろうなって思って2度焦った。

中央が黄色線だと部分的に見える場合があるので目印になるが、中央が白線だと雪と吹雪によって全く見えないわけで、道路のどの位置を走ってるか見失う事がある。
視界がゼロなのは対向車も同じだ。
なので、対向車線に出ちゃってリすると正面衝突も避けられないのだ。

かと言って、左には柵も段差も無い水路があるので気が抜けない。
田舎道あるあるだな。

視界ゼロにも関わらず、道に集中しすぎて、気づいたら50キロ以上出ちゃってて、どうやって走ってたんだって自分に驚いた。
吹雪の時こそ心眼だ。

で、なんとか無事に家に着いたが6時半を過ぎてて、昨日の今日だったのもあって、とことん疲れた。


明日は片付けとかしながら、後は正月明けまでがっつり休むぞ〜


☆皆様も平穏で良い年末年始をお過ごしください☆

posted by がーご at 01:50 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

苦痛

今年も残り数日という所で、怒涛の修理ラッシュになってます。
先週からWindowsの起動不能が8件。
そのうち、ハードディスクの障害によるものが4件。

軽めの4件は3時間〜5時間ほどで片付いてますが、HDD障害のものはデータの救出も入ることで、相変わらずですが1件につき20時間以上かかります。

なんとかあと1件にまで片付いたんですが、この最後のやつが知識と経験をフル活用しても解決の兆しすら見えなくて、精神的にも疲れとイライラが貯まってます。


何度か書いてる事ですが、普通の業者ならパーツを交換して初期化しておしまい。
簡単な作業なんですが、元の環境を出来る限り残しての移植となると、途方もない労力と時間が押し寄せます。

よく、人間の病院にも例えて言われますが、例えばガンや腫瘍でボロボロになった臓器があったら、摘出して替えの臓器を移植するのと、ダメな細胞を一つずつ修復しながら、細胞レベルでできるだけオリジナルの状態に戻す、と言うのを考えたら如何に面倒かが判ると思います。


年に1〜2件くらい、こうしたどうにもならない状態ってのがあって、それでも2日3日と徹夜してなんとか99.9%解決してきましたが、今回のはギブアップ寸前です。

世界中のあらゆる言語で情報を集めて見ましたが、解決には至らず。
だよね〜、それしかないよね〜ってな具合の、経験上からも情報からもある手順を踏むものの、結果が伴わないので世界でヒトリボッチな気分になります。


で、こうした修理の合間に遠方の出張業務が入るのも、お約束のあるある。


あ〜癒やされたい






posted by がーご at 00:46 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

情報に流されない

最近ニュースなどで注目を浴びたことで、世間的にも広く知られるようになったファーウェイ。
何かしら、その分野には必ず専門とする第一線のメーカーが存在しますが、ファーウェイはスマホやネット通信機器の最大手メーカーの一つとなります。

興味が無い人にとっては初めて聞いたなんて人も多いでしょうが、知らないのは本人の情報力の問題であって、決して弱小な小規模メーカーでは無いって事は理解しておきましょう。

未だに、パソコンと言えばNECや東芝が世界一だと思ってるのと一緒です。

で、そのファーウェイですが、政府の調達案件から除外されただの、アメリカが排除したのだの、スパイ疑惑だの騒がれているおかげで、使ってて安全なの?とか怖いから捨てるとか、上辺の情報に流されてる人の多いこと。

そうした人がなぜ流されるのかと言うと、答えは簡単で、情報が不足してるからの一言でしょう。
要は【知らない】という知識の不足です。
なので、耳にした情報を精査する事もできないので、必然的に鵜呑みにするか、とりあえず流れに入るしか無いのです。


さて、結論から言うと、私たち一般人がファーウェイ製品を使っても何ら問題はありません。
仮に驚異やリスクという点で見たとしても、ファーウェイ以外の全てのメーカーの製品と同じであって、ファーウェイ製品だけ特別リスクが高い訳でもありません。

そもそもなぜファーウェイが危険だとなったのか。
謎のチップ?盗聴?情報流出?

答えはどれでもありません。
答えは単純で、トランプアメリカと中国の貿易戦争が発端です。
通信分野で世界第2位から1位になろうかと躍進して来たファーウェイは、獲物として最適だったのです。
通信技術は一般家庭のみならず、軍事・経済・開発の全てにおいて重要な情報のパイプラインですが、その中心となる通信設備が気の許せない中国製品になってしまってはアメリカとしては大打撃です。

単純に考えて、自分の家のセキュリティを、敵対している嫌いな相手に安心してお願いできる訳もありませんよね。
そういう事で、トランプとしては何としてもファーウェイと同じく躍進しているZTE社製品をアメリカの次世代通信から除外したかった訳です。

で、除外するにはそれなりの理由が必要でしょう。
そこで情報の流出があるだとか、様々な理由を生み出します。

ちなみに、ここで言われている情報の流出は、スマホ、パソコンなど全ての製品で既に普通に行われているものと同じレベルのものです。
言葉で言えば情報流出や情報収集、勝手な送信と怖いイメージでしょうが、GoogleやYahooで検索しただけでも、普通にアプリを使ってるだけでも、スマホであれば電源を入れてるだけでも、実は既にそういう動作がされています。

また、ハッカーなどによる不正アクセスやウイルスなどはメーカーに関係のない共通のリスクです。

知らない人が改めて聴いたので、これは怖いものだという観念になってるだけです。


で、話を戻すと、アメリカがファーウェイ排除した事により、重要な通信網で繋がっている同盟国の日本はもちろん、他の国も歩調を合わせるしか無いので、日本政府もファーウェイ除外を打ち出したに過ぎません。

この報道以降、いくつかの世界的なセキュリティ会社や研究者などがファーウェイ製品を調査してますが、アメリカが言うような悪質なリスクは発見できていません。


ちなみに、今回の騒動でファーウェイ製品って怖いんだと流された人に、一つ念頭に入れて置いて欲しいものがあります。

ファーウェイを除外したあとの話。
結果的に別のメーカー製品に置き換わるだけだが、それは安全なのかという問題。

アメリカ製品ならスパイ行為は絶対ない?
欧州製品なら品質に問題は絶対ない?
韓国製品なら情報の流出は絶対ない?

結局、どこの国の製品であっても、こうした脅威論やリスク論は無くならないと思います。


日本には古くからよく聞くことわざがあります。

出る杭は打たれる

正にファーウェイ問題はこの一言に尽きます。

posted by がーご at 17:43 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

パソコンの性能が低いと修理も遅い

久々に時間のかかる修復作業

Windowsが起動しない原因は多種多様で、設定が狂った的な簡単なものから、機械的な故障まで幅が広い。
人間で言うなら、「腹が痛い時」の原因が便秘からガン、果ては臓器移植にまで広がるくらいあるのと同じ。

で、まずは初期診断でおおよその原因を探る。
予想がピンポイントで当たる時もあれば、見事に裏切られる事も当然ある。

機械的な問題であれば動作状況や目視で判別できるので原因はわかりやすく、修理も交換するだけなので最も早く簡単な修理となるが、機械的に問題がない場合や目に見えない場合はパソコンの性能に悩まされる。


例えば、Windowsのシステムに不整合が無いかを診断する場合、概ね15分〜20分ほどを見るが、性能が低いパソコンではこれだけで1時間以上かかってしまう。
良くも悪くも結果がどうであれ、この間は見守るしか無い。

これで問題が判ればそこを修復するし、問題が無ければ次の診断に移るが、同じような診断がもう一つあるので倍の時間がかかる。

更に、ディスクそのものに問題がないかまともに調べようとすると、容量にもよるが4時間とか8時間とかかかってしまう。
パソコンの性能次第では20時間を超えることも普通にある。

ただし、そこはプロなので障害に関係がありそうな部分に絞り込んで、極力短時間で済むような作業を行うが、そんなこんなで原因が特定できて、実際の修復作業に入る時点ですでに何時間も経過してしまう。

で、ここから修理に入るわけだが、買った時の状態に戻すだけなら2〜3時間もあれば完了する。
パソコンは買った時の状態に戻るだけだ。

ウチでは、書類やメールや写真などの個人データや使っているソフトなど、極力元の環境を維持したいので、修復作業はより困難になる。

ちなみにメーカー修理などで良くある「個人のデータは消されて出荷時状態に戻ります」は、こうした細かい診断などに時間を掛けず、関係のあるパーツを交換するだけなのだ。

何故ならパソコンの性能が低かったり状態が悪いと、ここからの作業で先が見えないほどの時間がかかる可能性があるからだ。

ウチでは年に数回だが、40時間超えはまだ良い方で、寝ずに3日半というのもある。

なんせ、何かしらの作業を1つ開始させて結果が出るまでが2時間とか3時間っていう状態。
1つ終わったら次、また次と繰り返す。
いつどういう結果が出るかわからないので、基本は目を離せない。というか、気になって離れられない。


今回は24時間ちょっとで完了して届ける事ができたが、そこから追加の作業を加えてトータル26時間ほどで本当に完了となった。

こんな作業は普通のメーカーの普通のサポートではまずやらないし、やったとしても人件費だけで高額になってしまうだろう。

ちなみに26時間かけた修理の時間給は400円ほど。
まぁ従業員を抱える大手の修理屋だとこの金額では無理だろうと思う。
かと言って、相場や客の心情もあるので、無闇に値段は上げられない。

パソコンの修理は成果報酬なので、そこにかかった時間がいくらであっても基本変わらないのだ。
時間がかかったのはあくまで結果論に過ぎない。
最初はわからない。

だからメーカーはパーツを交換して新品の時と同じ状態にするだけで済ませるのだ。
早いし確実だからね。
めっちゃ高いけど。


実際、金額には見合わない仕事ではあるが、でもまぁ、結果的に治って良かったと思うのは客より自分の方かも知れない。
ていうか、お金で仕事するなら絶対これは出来ないな。


posted by がーご at 18:39 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする