2021年01月01日

さよならからのこんにちわ

激動過ぎた我が家の2020年があっという間に通り過ぎ、新年を迎えてしまいました。

まず、ちょっと前を振り返り。
2019年の春に父が他界したため残される母と、左足を切断して一人暮らしもままならなくなった相方の母の両方を同時に看るために購入した築46年の中古一軒家のフルリフォーム。

外壁と屋根だけ残して中は全部解体して、間取り構造から作り直しのフルリフォーム。
ほぼ自分一人でのセルフリフォームだったので、当初の予定からズレにズレを重ねて、一階部分での相方と母x2の生活が始まったのが2019年の10月30日。

5月の連休直前からスタートしてお盆までの3ヶ月で終わらせようと思ったものの、トラブルやら仕事やら急用やらで6ヶ月に延びたけど、数えてみると実働日数は4ヶ月いかないくらいだった。


それを踏まえて迎えた昨年の2020年
一階部分の作業やら、作業場所や気温の問題から、冬の間から雪解けまでは作業はしない!と決めたのと、一階部分が実働4ヶ月で終われたのと、二階部分の面積などから考えて、工事は3月から夏までと決めたものの、実際に3月に入ったら仕事から忙しくて5月の連休までほぼ手つかずに近いくらい何も作業が出来なかった。


で、ようやく二階部分の工事に着手したものの、仕事は休業しないで併行してたのと、度重なる想定外のトラブルもあって、あっという間に夏が過ぎたところで、新居引っ越しの重点の一人だった相方の母が急死。


葬儀なども済ませて落ち着いてから急ピッチで作業を進めるも中々進まず。

ついに2年目の冬に突入したところで、年末に迫った12月28日の月曜日の午前中、うちの母が大腿骨骨折で緊急入院。
デイサービスの送迎時に起きた介助ミスという、これまた1mmも想定していなかった事案が発生。


大寒波襲来による凍結と、猫と暖房と灯油の問題から旧家から完全に引っ越しを迫られて、超急ピッチで二階部分の工事を進めて、2日経った12月30日の夜に何とか猫と自分の引っ越しが完了。


ホント、ギリギリだったし母が二人とも居ない状況ではあるけど、何とか2020年内に新居で暮らせる事になった。
内装は一階部分も二階部分もまだまだ手つかずだけど、生活する分には支障は無いので、このまま冬を過ごす。

さよなら旧家。
自分が小学生の時に建てた家なので、40年間以上か・・・
思い出が詰まりに詰まったと言うか、人生のほとんどを過ごした。
今までホントにありがとう。


そして迎えた2021年。
残った内装の作業と新居への本格的な引っ越し作業もあるし、寝泊まり生活には直接関係がない車庫2つと庭の造成とか、今年も作業が目白押し。

あぁ、何箇所もひび割れて崩落してる外壁も修理しないと・・・

次の冬までの一年間、今年も仕上げに向けてコツコツと作業を進めます。

当面の課題というか懸念材料は、早速5日に手術が決まった母の問題。
約3週間の入院で、1月の後半には退院する予定だけど、果たして自立歩行できる状態になれるのか、認知症はどれだけ進行しちゃうのか。
そもそも手術が問題なく無事に終われるのか。


そんな結果次第だけど、また激動の一年になるんだろうなと今から思いやられる新年です。


健康第一!
コロナに負けるな!

みなさまハッピーな一年でありますように!!





posted by がーご at 11:35 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

何ヶ月ぶりなのよっ

前回の投稿から5ヶ月も経ってましたが、しっかり生きてます。

5月の連休明けからチマチマとリフォーム作業を再開してましたが、未だ完了してません。
昨年一階部分の工事の時は完了日が確定だったので、仕事をほぼ休みにして作業てて、それでも6ヶ月かかってしまいましたが、今年は仕事をしながらの作業なので既に半年経つのにまだ引っ越しできてない状況です。

二階部分は一階よりも面積も工程も少ないので、当初は3ヶ月くらい見て8月の盆明けには引っ越しと思ってましたが、新型コロナもなんのその、連続した作業日が取れないので、全く工事が進みませんでした。

空いた時間やら仕事が無い日はとにかく工事。

プライベートな遊びの時間は皆無。


で、その予定に合わせて諸々計画していた為、仕事部屋はもちろん寝床すら出来てないまま、8月には旧自宅からネット回線だけ引っ越しさせた事によって、旧自宅でネットを使ったものが一切できなくなる悲劇。

新居には空いてるノートパソコンだけは持って来たので、メールだけは使えたけど、仕事のデータや情報は一切入ってないし何より使いにくい。

新居のネットで調べたりデータ落としたりして、USBに入れて旧自宅へ戻ってオフラインで制作業務。
まぁ、しんどい上に面倒な状態。

それがあって、一日も早く二階の工事を終わらせて引っ越ししなきゃと奮闘するも、全く仕事が途切れないので今に至ってる訳だ。


で、その二階部分。
全部の部屋の床壁天井は、細かい内装と窓周り以外は終わって、戸も付いたので一先ず【部屋】にはなった。

で、仕事に影響も出るので、自分の部屋の最小限仕事できるパソコン関係だけは引っ越しした。
内装も片付けもまだだけど、これによって仕事がスムーズにできるようになった。

(なのでブログも書けてる)

二階もまた細かい内装は来年に持ち越すとして、すっかり冬になって雪も降ってきて寒いので、窓まわりを早く終わらせたい。
昔のままなので外壁は崩れてるわ、隙間からびゅーびゅー風が入るわ、カーテンも無いから外から丸見えだわな状態だ。

それを終わらせて、キッチンとトイレを設置して、ベットやら棚やらを作ったら、家具や家電を引っ越しさせて完了となる見込み。


一階部分の実作業日数が、約4ヶ月半くらい。
二階部分は長くかかってるように見えて、実作業日数はまだ2ヶ月もかかって無いくらい。

さて・・・
まとまって作業できる日は年内にあと何日あるんだろうか・・・


旧家の水道の凍結問題もあるから、流石に年内に引っ越し終わらせたいぞ

















posted by がーご at 17:29 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

なぜに今の悲劇

旧家の給湯器の配管から水漏れ。

朝はなんとも無かったので、日中か午後だろうか。

夜8時過ぎに家に着いたら床が水浸し。
外に出て確認すると外壁の下から水が流れてた。

新居のリフォームがまだ終わってなくて、引っ越し作業は7月中旬から8月になる予定で、自分だけ旧家で猫と一緒に生活してるので、せめて引っ越しが終わった後なら水道も止める事ができたのに。。

なんで後2ヶ月くらい待てなかったのかと。

破れたのは風呂の浴槽用の水道管に向かう繋ぎ目で、新居一階のリフォームが終わった去年の11月からはシャワーしか使ってないので、浴槽の水は一回も出してなかった。

風呂は新居の方で入れるから。

なので、水の流れが無くて、腐食して圧力に負けたんだと思われる。


ん〜
修理しないと台所も使えず、手を洗ったり猫に水をやることも出来ない。
各箇所に止水栓があれば個別に止めれるから良かったんだろうけど、そんなものは無いし。

とにもかくにも面倒だ
posted by がーご at 21:49 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

今や月イチ

もはや不定期どころか月に1回しか書いてませんが、ご無沙汰です。

コロナウイルス
収まるわけが無いのに、終わったような気になって以前のような生活に戻っちゃう人達。
で、東京ではまた自粛的になるし、どこかの国ではデモや暴動に参加しちゃうし。

予防対策はこれから先、何ヶ月、何年って必要になるのに、「大丈夫だ」って全く根拠の無い自信だけで無防備になっちゃう人って、なんだろうって思う。

数十日ぶりに開放された公園や観光地に、ゴヤゴヤと集まる家族。

行くのはいいさ。
自分も行ってるかも知れないし。

ただ、現地着いて混雑してたらやめるよね普通。

テレワークだの時間差出勤だのととりあえず一ヶ月以上やってた多くの会社も、極々普通の以前と変わらないスタイルへ戻ってしまった。

当然、通勤ラッシュやら朝夕の人でと混雑も以前の状態になったわけで、そりゃ第2波にもなるだろうよ。

自粛が解けた=安全宣言とでも思っているんだろうか。


ん〜
こういう人達、ホントになんだろうって思う。


そんな中、うちの仕事も収まりませんが、合間の時間を使ってリフォーム再開。
流石に一年経過したし、今年も半分終わっちゃったことで、若干の焦りも出てきた。

2階の階段廊下以外の部屋の床は全部張り終えた。

2階の壁下地の修正と壁断熱も、残り一部屋半かな。

本業の業務もあるんで進行は遅めだと思うけど、目標は6月中に2階の内装まで終わらせて、7月には引っ越し作業に入れたらと思ってる。


まぁ、今までの実績的に予想+2ヶ月としても秋には終わるだろう(苦笑)



posted by がーご at 22:34 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

仕事終わらず工事も進まず

連休前からやってた仕事が未だに完了とならず、他の仕事も重なってリフォーム工事が進まない中、梅雨入り前のグズグズ天気で資材の買い出しにも行けません。

業務で新しく作ったWEBサイト、既にOKも出て稼働して数日経つんだけど、流石にGoogleさんの結果はまだ良くなく、初登場で12位。

そんな中、ふと調べていると、Googleさんに構造上のエラーの表記が。
しかもトップページで。

たった一箇所、お客さんの所で手直しした文章の改行コードに全角スペースがひとつ入ってた。

普段、プログラムとか英語とか、頻繁に使っている人なら、文字入力の際のスペースや記号は【半角】としていると思われ、何故なら【全角】ってのはスペースも含めて日本語や漢字などの2byte文字でしか使わない。
全角のスペースというのは言ってみれば【 】この空白という[一文字]になってしまう。

英語の文章やプログラムなどの命令は半角で書くのが基本なので、スペースも半角じゃなきゃダメなのだ。

今更ながら、他所のパソコンを使う時は、全角スペースに気をつけなきゃと気付いた。


さて、新居2階のリフォーム。
相方の部屋の床が部屋の中央を堺にして右端が5cm下がり、左端が2cm下がるという、折れ曲がった状態。

何故なら、部屋の中央を走ってるのは、そのまま1階の部屋と部屋の間の壁部分なので下がってないけど、両側を支えてるのは長い張りのみで、間に柱が無いため下がったようだ。

一階の部屋をそのまま延長した2階、文字で表すと“日”みたいな構造なら強度があるんだけど、1階の2部屋を半々でまたぐように2階があるので、文字にするなら“凸”だろうか。(下部分の中央に区切りが足りないが・・)

さらには奥に向かっても全体で3cm下がってるという立体構造。
この床をフラットにするべく策を数日悩んだ。
なんせ時間と手間は掛けたくないし、材料もなるべく有りもので間に合わせたい。
当然、完成後の強度も必要だ。

で、床板を全部剥がして根太から作り直そうかと4分の1剥がしてみたけど、足場も悪くなるし作業しにくいので中断。
万が一踏み外したら1階の天井突き破って落ちてしまうし。。

そんな訳で、根太の上に詰め物置いてカサ増ししながら高さを調整して床板を戻していった。
ただ、部屋の半分を終えたところで、これも面倒だなってことで、残り半分の床板は剥がさず、その上に新しく薄い角材を30cm間隔で並べて、その際に高さ調整する事にした。

この角材の上に床板を新設する。
元々の床板との間に床断熱(というより防音材)を挟み込めばまぁそれなりになるだろう。。

来週中にもこの部屋の床は終わらせて、2階ラストの自分の部屋に着手したい。




posted by がーご at 20:45 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする