2022年06月17日

最後の投稿から半年以上経った件

このブログの存在を忘れていた訳でも、本人が行方不明になっていた訳でもなく、「まぁ声を大にして書くことも無いよね」というのは無きにしもあらずだけど、今年に入って早々とメインのパソコンがお亡くなりになって、引っ越し作業も中断していたこともあってサブのパソコンすら準備できてなくて、何よりもこのブログのアカウントやパスワードが行方不明になっていた事が最大の理由だったりします。

今日現在、仕事部屋も仮の状態で、適当なパソコンに最小限のデータだけ移植して使ってる状態。
事務所もまだ未完成。
というか、リフォームの資材が高すぎたり売ってなかったりで、完全に中断してる状態。

再開して完成するのはいつになるのか見通しもたたず。

で、ブログもこれだけ空いたのは初めてだけど、改めて必要のなさを感じてしまった。
でも不思議なことに過去記事は今でもそこそこ見られてるんだよなぁ・・・



posted by がーご at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月01日

(2022)賀正

お客様ならび関係のあった皆様へ
パソコン修理とサポートはもちろん、身の回りの様々ご要望からお悩み相談まで、多種多様に精一杯尽力させていただきますので、これまで同様に本年もご愛顧のほど宜しくお願いいたします。
posted by がーご at 21:07 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月27日

もう冬支度なのか

去年の暮れに引っ越して来てから、もうすぐ一年になるの、とてつもなくあっという間すぎる。

持ってきた荷物やら部屋の仕上げやら、全く手つかず状態で過ごしてしまったが、生活してて特に不便も無いのが最大の問題だろう。


お金かけて業者に頼んでやったリフォームならば、金額相応のモノが期間内で完成するので、完成品で生活する事になるが、ほぼ自分でやってるリフォームなので、生活と利便性とデザインの3つを、自分の体力とモチベーションに合わせて作業を進める訳で、肝心の生活さえ満足に出来たら、より良い利便性やら見た目のデザインなんかは、モチベーションが上がらない限りどうでも良くなる。


また、当初に予定してた内装も全く出来てない状態だが、既に飼い猫2匹(一階)プラス5匹(二階)によって壁も柱もボロボロ。
棚のモノもすぐに落とされる。

こんな状態なので、飾ったり仕上げたりとか、今の所は無駄でしかないので全くやる気にならん。


なのでそういう事は考えるまでもなく、別のことに時間使ってた方がいいね。


って思ってダラダラと過ごしてたら、もう一年経ってしまうわ・・・という切なさと心強さと。。


posted by がーご at 15:47 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月05日

水道管破裂

家の前、道路に向かってお昼頃からゴボゴボと。
築年数の古い家買ったら、こういう目に見えない水道管は最初に全部交換しないとダメだな。

posted by がーご at 18:32 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

なんか久々に思うこと

「アクセルとブレーキを間違えた」

今日のニュースでも入ってたけど、高齢者の運転する車がどっかの店舗に正面から突っ込んでましたね。
で、その理由は度々聞く決り文句の踏み間違い。

これ、何度聞いても理解が難しい。

踏み間違え自体は理解できる。
とっさに間違うことはあるだろう。

わからないのは店の中まで突っ込むその勢いと、車の向きなのだ。
この【正面からの突っ込み】に関して、2つのパターンを想像してみよう。


Aは道路から右折や左折で入ってきて、店の前に駐車する場合。

この場合、走ってる間はアクセルを強めに踏んでスピードを出してるのが普通で、目的地について右折なり左折しようとする段階で、ブレーキを踏んで減速し、ウインカーを出しながら対向車なんかの確認をする。

なんなら一時停止するくらい減速するだろう。

で、減速したところで実際にハンドルを切ってゆっくりと駐車場に入ってくる。
この時、足は軽めにアクセルを踏みながら徐行状態で侵入してくる。

で、駐車位置に合わせてゆっくりブレーキを踏みながら減速して停車となる。


おおよそ多くのドライバーの運転の流れだと思うが、【アクセルとブレーキを間違えた】として、車体が店内にめり込むくらいの勢いでアクセルを踏み込む場面はどこなのかと。。
逆を返せば、いきなり全力の強さでブレーキを踏もうとしていた事になるので余計に不可解だ。

絵的に想像するならば、足を力強くピーンと突っ張る勢いで、グーーーっとブレーキを踏み込むのである。
そんな必要性が見えてこない。

道路から右折なりして来る時点で低速に落ちていて、店舗目前の位置なら徐行並に低速になっているはずである。
本来なら「そのまま停車するのでブレーキを踏むんだ」と考えても、そもそも停車に向けて減速してる状態から、そんなに力強くブレーキを踏み込むのが考えにくい。


次にBパターンを考えて見る。
これは既に駐車場に停めていた車を発進させようとした際に起きた事故だ。


この場合、車は店舗に対して正面を向いて既に停車している状態だ。
一般的な流れだと、エンジンをかけてギアをバックに入れて、後方に注意しつつアクセルをゆっくり踏みながらバックして道路に出るだろう。

この時に、【アクセルとブレーキを間違えた】とすると更に情景が理解不能になる。

なぜならアクセルだのブレーキだの踏む以前に、まず、ギアをバックに入れるはずだ。
でも正面から突っ込んでるのだから、バックに入れるのを忘れていたという複合技だとしても、じゃぁ、バックする際に【めいいっぱいブレーキを踏み込もうとした】という事でありこれまた理解し難い。


つまり車にのって、ギアをバックに入れて、発車しまーーーーーす!!って全力でブレーキを踏んだことになって滑稽だ。


いずれにしても解らないのは【アクセルとブレーキを間違えた】という場合に【だったら本来はブレーキを力いっぱい踏もうとしたのかい?】という事だと思うんだが、猛スピードで道路から急ハンドルで侵入して来たならまだ解るが、停車状態や徐行状態で思いっきりブレーキを踏もうとしてたと言うのが理解できない。


まぁ、そうした事故を起こした当の本人も、直前になにがどうなったのか解らないと言うのが正直な所だろうけど・・・
posted by がーご at 18:54 | Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする